振袖買取の主な流れについて調べまとめました

振袖買取の主な流れ

着物を売る際の流れ:訪問買取の場合

訪問買取の場合、わざわざ宅急便で送ることもないのでとても楽に査定をお願いすることができます。まずはインターネットから査定の申し込みをする必要があります。公式ホームページ上に申し込みフォームが設置されているので、そこに氏名や住所などの必要事項を入力していきます。だいたいどこの買取店でも24時間受け付けていますので、好きな時間帯に申し込みを行えるのも便利ですね。

申し込みが済むと、買取店のオペレーターより電話連絡が入ります。着物の種類や枚数、状態などを質問されますので、あらかじめ売りたい着物の種類などは確認しておき、メモをとっておくと良いでしょう。あとは買取店のスタッフがいつ訪問するかの希望を聞かれますので、都合の良い日の希望を出しましょう。訪問当日になると、時間になると査定スタッフが来ますので、着物に関する細かい情報などを伝えましょう。査定額が決まって自分の納得のいく金額であれば、現金で支払ってもらえます。万が一納得いかなければ、お断りしましょう。

着物を売る際の流れ:訪問買取の場合

宅配買取の場合は、事前に公式ホームページ上の申し込みフォームに氏名や住所などの必要事項を入力し、必要な段ボールの個数なども一緒に入力します。自分で段ボールに梱包して、配送するという流れなので、梱包が手間だなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。申し込みから数日で段ボールや書類が到着しますので、段ボールに着物を詰めて、必要事項を記入した書類を一緒に入れて梱包完了です。だいたいの買取店身分証明書のコピーを入れるようにと指示してきますので、事前にコピーを準備しておくと良いでしょう。

梱包が完了したら、集荷の依頼をし、荷物を取りに来てもらいましょう。配送から数日で買取店に到着し、査定が完了した時点で査定額がいくらなのかの連絡がメールで届きますので、納得がいく金額であればその旨をお知らせしましょう。早くて当日、だいたいが翌日にはお金が振り込まれます

売却までにかかる時間は?

着物を売却するまでにかかる時間はどれくらいなのか、またどの方法がいちばん早く売却できるのでしょうか。訪問買取の場合、申し込みは公式ホームページから24時間対応しています。買取店の営業時間内であれば、最短で30分程度で査定スタッフが訪問という形になります。夜間などの営業時間外に申し込んだ場合は、翌日以降の営業時間内の訪問になります。訪問から査定後の支払いまで、その場で済むので早くて1日以内ですべてが完了します。

自分で梱包するシステムの宅配買取の場合は、公式ホームページで梱包キットの申し込みをしてから数日でキットが到着し、自分で着物を詰めていきます。集荷のために配送業者を手配し、荷物を買取店に送ってから数日で査定が完了します。査定額が記載されたメールが送られてくるので、納得がいけばその旨を返信し、早くて当日にはお金を振り込んでもらえるという流れになります。申し込みから振り込みまで、だいたい1週間は見ておくと良いでしょう。どうしても急ぎで査定をお願いしたい場合は、訪問買取の方が断然早いのでオススメです。

着なくなった訪問着を高額買取!無料で査定をしてくれる業者ご紹介

総合評価第1位
まんがく屋 まんがく屋

着物の査定がちゃんとできるプロの鑑定士が揃っているからこその高額査定。出張料・査定料・キャンセル料すべて無料なのも魅力。

総合評価第2位
福ちゃん 福ちゃん

今人気のトークアプリで査定ができて簡単に査定額がわかるので利用者も増加中。汚れ・ほつれなどの悪条件にも対応してくれます。

総合評価第3位
スピード買取.jp スピード買取.jp

査定までの時間が最短で30分と非常に早く急ぎの方に嬉しい。その他貴金属や骨董品、金券類、時計など幅広く取り扱っています。

ページのトップへ