振袖や着物って、遺品として残されやすい?!処分方法について紹介します!

振袖や着物は遺品として残されやすいって知っていましたか?その処分方法について

遺品として残されやすいものNo.1「着物」

遺品として残されやすいもの、どんなものを浮かべますでしょうか?家具や家電など大型のもの・食器・細々とした日用品などなど…。色々ありますが、実は遺品としてもっとも残されやすいものの1つが「着物」なのです。

昔は着物一式が嫁入り道具の1つでしたし、レンタル振袖も一般的ではありませんでした。特に高齢の方ですと普段にも着物を着ていたりするので、箪笥の中にたくさん残されていた、というケースも少なくありません。また高価なスーツも捨てずにとってあるという人が多く、残されやすい衣類の代表です。

家具や家電・日用品などは気持ち的に比較的処分しやすいものですが、着物やスーツには故人の思い出が詰まったものも多く、なかなか捨てがたいため「残されやすい遺品」となってしまうのです。

引き取り手のない衣類は早めに処分する

しかし着物が遺品として残されていた場合、現代ではなかなか普段着として活用するのは難しいですし、お手入れをするのも大変です。故人の思い出として生地をパッチワークの一部にしたり、仕立て直して手元に置いておくという選択肢もありますが、何着もある場合にはそうはいきません。スーツに関しても、いくら高価な仕立てのものであっても流行のラインでなかったり、サイズが合わないという問題もあるので着用の機会はなかなか訪れません。

衣類に関しては「仕立て直して着る」といった明確な目的がなく、「なんとなく捨てがたい…」「いつか誰かが着るかもしれない」という理由で言ってずっと手元に残しておくと、どんどん劣化していきます。虫に食われてしまうこともありますし、一度でも着たものは黄ばみ・シミが出てくるなど、時間が経てば経つほどますますどうしようもなくなってしまうもの。

そこで、引き取り手のない衣類に関しては資源ゴミとして捨てるか、信頼できる買取業者へ売って、早めに処分することをおすすめします。衣類は売ってもあまり高い値段が付かないことも多いですが、着物・毛皮などは流行に左右されづらく需要もあります。故人の好きだったものが必要な人の手に渡ることを考えると、少し嬉しい気持ちにもなりますね。

愛用の衣類は故人に着せて送ってあげてもよい

故人が特に愛用していた衣類については、故人に着せたり上からかけてあげるなどして一緒に送ってあげるのも1つの方法です。

故人が大切にしていたものであっても、結婚指輪やアクセサリーなどの金属は燃えないためお棺に入れることはできませんが、衣類であれば大丈夫です。あちらの世界で着るものに困らないように、という思いで入れる方も少なくありません。

ただし極端に分厚い衣類は燃えにくいためおすすめできません。また化学合成繊維の衣類は、公害防止のためにもできるだけ控えるよう注意喚起している火葬場もあります。スーツや着物なら、まず問題はないでしょう。

遺品のなかでも残されやすいといわれる着物!高額買取業者おすすめBEST3

総合評価第1位
まんがく屋 まんがく屋

着物の査定がちゃんとできるプロの鑑定士が揃っているからこその高額査定。出張料・査定料・キャンセル料すべて無料なのも魅力。

総合評価第2位
福ちゃん 福ちゃん

今人気のトークアプリで査定ができて簡単に査定額がわかるので利用者も増加中。汚れ・ほつれなどの悪条件にも対応してくれます。

総合評価第3位
スピード買取.jp スピード買取.jp

査定までの時間が最短で30分と非常に早く急ぎの方に嬉しい。その他貴金属や骨董品、金券類、時計など幅広く取り扱っています。

ページのトップへ