和装小物の買取価格相場について調べまとめました

和装小物(帯止めや簪など)/その買取相場は?

和装小物の買取について

帯留め・帯締め・帯揚げの買取相場は?

和装小物の中でも、帯に関係するものの査定額はいったいどれくらいになるのでしょうか?帯揚げは帯の上辺を彩るもので、刺繍模様や絞り方などで季節感や着用目的に合わせて楽しむものです。買取店で販売される場合、帯とセットのケースが多いのですが相場がそんなに高いものではないので、ブランドものなどでない限りそこまでの査定額がつくことはないと思って良いでしょう。

帯留めは、帯締めに通した状態で使うものです。翡翠や珊瑚、べっこうなどの高級な素材を用いてつくられているものが多く、ここ最近では和服のリバイバルブームにより若者からも注目を集めているアイテムのひとつになっています。素材自体が高級なものであればあるほど査定額は高くなります。

帯締めは、帯の形が崩れないようにするための着物には欠かせない和装小物となっています。礼装用のきちんとしたものから、普段に使えるようなカジュアルなデザインまで幅広く販売されています。買取店の販売では、だいたいまとめ売りをしているお店が多く5つで5000円からなどが多いので、実際の査定額はかなり低くなると思っておくと良いでしょう。

櫛(くし)・簪(かんざし)の買取相場は?

女性の髪を彩るための櫛や簪。とくに簪は色もデザインも豊富で、個性豊かに使うことができます。漆塗りやべっこう塗りの木でつくられた温かみのあるものや、ガラスでつくられた無機質ながらも優雅なものなど種類はさまざま。着物に合わせて、または髪の色やその人の持つ雰囲気に合わせて選ぶことができるので、最近では普段着に合わせて使う若者たちも増えてきました。

高価な素材でつくられたものや、職人の手でつくられたものになると買取価格は高くなる傾向にあります。また櫛で有名なのは、柘植でできたものですね。こちらは職人の手でつくられているものだと相当なお値段になりますので、買取価格もそれなりに高くなります。

草履・バッグの買取相場は?

着物のコーディネートに欠かせない草履やバッグは、買取店の販売の場合セットで売られているケースが多いようです。ブランドものや伝統工芸品になると買取価格も高額になるのですが、そうでない場合かなり低い査定額になってしまいます。

草履だけのもともとのお値段は、ブランド品などになると数万円とかなり高価なものになりますので、この場合は5000円程度からの査定額になります。1円でも高く買取をしてもらいたい場合は、草履とバッグのセットで査定してもらうことがポイントとなりそうです。

もう使わない和装小物を高額買取!無料で査定をしてくれる業者ご紹介

総合評価第1位
まんがく屋 まんがく屋

着物の査定がちゃんとできるプロの鑑定士が揃っているからこその高額査定。出張料・査定料・キャンセル料すべて無料なのも魅力。

総合評価第2位
福ちゃん 福ちゃん

今人気のトークアプリで査定ができて簡単に査定額がわかるので利用者も増加中。汚れ・ほつれなどの悪条件にも対応してくれます。

総合評価第3位
スピード買取.jp スピード買取.jp

査定までの時間が最短で30分と非常に早く急ぎの方に嬉しい。その他貴金属や骨董品、金券類、時計など幅広く取り扱っています。

ページのトップへ