格式の高い留袖の買取価格相場について調べまとめました

格式の高い留袖[とめそで]/その買取相場は?

留袖の買取について

留袖は既婚女性が着用する着物の中で最も格式の高いものとされています。その歴史は江戸時代にまでさかのぼりますが、若い人々が好んで着用していた身八口と呼ばれる振袖の脇の空いている部分を、結婚後に短く縫って着るようになったことから留袖の歴史が始まりました。この頃の留袖は柄の入り方などは一切関係なく、身八口が短くされている着物のことすべてを留袖としていたそうです。現代では、着物の下の部分にのみ柄が入っているものを留袖と呼んでいます。また留袖には、黒留袖色留袖があり、それぞれに特徴や決まりがあります。その違いを簡単にまとめてみました。

比較項目 黒留袖 色留袖
着物の地色 黒地 黒以外
着用イメージ 黒留袖 色留袖
着用できる人 既婚女性 未婚・既婚問わず着用可
着用のタイミング 第一礼装として着用。結婚式、葬式、自分が主催となった場合など。 準礼装または礼装時に着用します。親族の結婚式や披露宴などのお祝い事など。
柄模様の入り方 裾に五つ紋が入っています。 一つ紋、三つ紋、五つ紋が裾に入っています。
その他の特徴 比翼仕立てと呼ばれる、2枚の着物を重ねてきているようなデザインになっています。 カラフルで女性らしい地色の色留袖は、さまざまなシーンで着用している人を華やかに魅せてくれるので、パーティーなどでもドレスではなく、あえて色留袖を着用する方も増えてきています。

留袖の買取相場について

さて、既婚女性の第一礼装として着用される黒留袖、未婚・既婚問わず礼装に着用される色留袖ですが、それぞれの買取価格の相場はどれくらいなのでしょうか?結婚式や祝宴が続き、何度もレンタルするよりもお得なので購入したのは良いものの、その時期を過ぎたら全然着なくなってしまったので売りたい、というケースが多いです。人生の節目となる大切な日に着用するだけなので、なかなか着る機会がないという方も多いのが現実なので、最近は着物が古くなってしまう前に売っておき、必要になった時にまた新しいものをレンタルするか中古で購入する、というのが主流のようです。

留袖は正絹のものであってもそのほとんどがだいたい1000円程度から10000万円程度とお小遣い程度にしかなりませんが、一方でブランド物や伝統工芸品の留袖、人気作家による物の場合はかなり高額の査定額がつくのが一般的です。

ブランド・産地 作家 状態 価格相場
本加賀友禅 押田正義 良い 50,000円~
本加賀友禅 東藤岳 良い 40,000円~
総京刺繍 合田峰太郎 良い 30,000円~
総京刺繍 蒋雪英作 良い 30,000円~

留袖の高額買取の条件

家紋が入っている留袖もありますが、気にしない方が増えてきていることから買取してくれるところが増えてきました。留袖をより高く買い取ってもらうには、いったいどんなことが条件となるのかを簡単にまとめてみました。

留袖の高額買取条件
その着物の産地がどこであるのかを示してある証紙をいっしょに査定にだすこと
着物専門店や着物買取実績数が豊富な買取店に査定してもらうこと
シミやシワは事前にとっておくこと
臭いがついている場合は、天日干しするなどして軽減させておくこと
なるべくお直しはしないこと
季節感がないものであること

いかがでしょうか?⑥については季節関係ない模様が入っていることが、高額買取のポイントとなるようですので、次回購入する際は模様の季節感にも意識しておくと良いでしょう。

着なくなった留袖を高額買取!無料で査定をしてくれる業者ご紹介

総合評価第1位
まんがく屋 まんがく屋

着物の査定がちゃんとできるプロの鑑定士が揃っているからこその高額査定。出張料・査定料・キャンセル料すべて無料なのも魅力。

総合評価第2位
福ちゃん 福ちゃん

今人気のトークアプリで査定ができて簡単に査定額がわかるので利用者も増加中。汚れ・ほつれなどの悪条件にも対応してくれます。

総合評価第3位
スピード買取.jp スピード買取.jp

査定までの時間が最短で30分と非常に早く急ぎの方に嬉しい。その他貴金属や骨董品、金券類、時計など幅広く取り扱っています。

ページのトップへ